イメージ画像

薬剤師が転職する場合の円満退職方法

薬剤師といっても企業や調剤薬局の会社員である場合が多いでしょう。 転職や結婚・出産などのキッカケで退職することもあります。 ここでは、薬剤師が転職する場合の円満退職方法について考えてみましょう。

円満退職――これは薬剤師に限ったことではありません。 どの職業でもその後のキャリアに影響するとても大切なことになります。 その理由は転職先の採用担当者が前の会社での勤務態度について調査するケースもあるからです。

退職時にトラブルになったり迷惑をかけたりする事実があれば、次の会社での仕事にも悪影響がでるでしょう。 世の中は狭いのです――特に薬剤師の世界はある意味狭いのかもしれません。 民法の規定によれば、「2週間前に退職の意思を雇用側に伝えればやめることができる」とあります。 しかしながら、実際にこういったやめ方をすると円満退職はできないでしょう。

通常は、退職する2カ月程度前の時期に直属の上司に退職意思を申し出ると良いです。 直属の上司をスルーして部長や病院長に直接申し出るのはルール違反です。 ここで退職が承諾されたら1カ月前を目安に<退職届>を提出する段取りになります。 けれども薬剤師は技術職になり、こういったスケジュールで円満退職できるとは言い切れません。

――では退職時に意識しておかなければならないことはなんでしょう。 例えば在宅医療チームに属している場合とか企業の研究開発セクションに所属している場合を想定しましょう。 こうったケースでは、その人物でないと務まらないほど大切な業務を担当しているでしょう。

だからあなたと同じレベルか、それ以上のスキルを持つ人に引き継ぎをしなければなりません。 簡単に言いますが、これには一定期間の日数が必要になります。 それと仕事の多忙さによっては希望する時期の退職は難しい場合もあります。 できるだけ引き継ぎに時間をかけること――これが円満退職の秘訣です。

調剤薬局のローテーションに入っている場合はどうでしょう。 他の人の勤務にも影響があります。 代替要因の確保ができていることが前提条件になります。

MRの場合は、あなたの担当医師や病院の担当者に後任者を紹介しなければなりません。 後任の人が仕事しやすいように担当する人物の趣味や性格を伝えておくと喜ばれます。 以上、薬剤師が転職する場合の円満退職方法について考えてみました。

このページの先頭へ