イメージ画像

これからは地域密着型の薬剤師が求められる?!

近年、医療の在り方が多様化してきています。その中で、現在、急速に進んでいるのが在宅医療だといえるでしょう。 高齢者施設への入所が困難な人や、自宅で介護を受ける事を余儀なくされている高齢者が、主に利用しています。その在宅医療で薬剤師の活躍が期待されているのです。

つまり、今後は、地域密着型の薬剤師が求められてくるということになるでしょう。基本的には、医師と同行して、服薬指導を行う他、利用者の食生活、生活習慣について的確なアドバイスをすることになります。

また、在宅医療を利用している高齢者は、複数の薬を使用しているケースが多く、薬剤の管理についても薬剤師が行わなければなりません。 なぜなら、場合よっては、別々の病院で同じ薬が処方されていたり、薬同士の相性が悪いケースが多々あるからです。

このような知識は、薬剤師でなければ持ち合わせておらず、在宅医療で訪問する看護師や介護士などでは判断ができないため、非常に重要な仕事だといえます。 また、地域密着型の薬剤師を考えた際、大規模なドラッグストアについても触れないわけにはいきません。都市部とは違い、病院の数も限られていることから、ドラッグストアは大変重要な役割を果たしているからです。

例えば、近年増加している調剤薬局が併設されたドラッグストアでは、服薬に関する相談窓口が設けられており、利用者の相談に乗ることがあったり、時には受診を促すアドバイスをすることもあるでしょう。 また、ある程度、利用者が固定されてくるため、丁寧な応対が求められてきているという現状もあります。つまり、コミュニケーション能力が重要視されてきているのです。

ただ単に、OTC薬や処方箋に沿った薬剤を手渡すだけではなく、健康管理についても親身になってアドバイスできる薬剤師が求められてきている証拠だと言えるでしょう。

このように、今後も地域密着型の薬剤師の活躍が期待される一方で、是非とも抑えておきたいのは、地域の特性です。 地域によって、好まれる食べ物や気候に違いがあるため、おのずとアドバイスの仕方も変わってきます。そういった薬剤以外の知識についても、今のうちから身につけておく必要があるでしょう。

このページの先頭へ