イメージ画像

どんな薬剤師が求められているのか

現在、薬剤師に求められていることは、 薬剤師の資格を持っていることだけでは無くなりました。 求人している側は、免許を持っているだけの薬剤師は もういらないという風習になってきています。

免許だけじゃない薬剤師ってどういう人かというと 現場に出た時に実際に役に立つ、使えるという人が 求められるようになりました。 役に立つ人というのは医療人として、 薬の専門家として、両方のスキルが十分な人のことで、 病院、調剤薬局、ドラッグストアでの求人は このような人が求められるようになったのです。

大学をきちんと卒業し、国家試験も受かったとしても すぐに就業先で活躍出来るという人は多くありません。 現場で活躍できる、役に立つ人は、 薬剤師としての基礎がしっかりできており、 更に応用と知識、技能、そして教養などが 必要となってくるのです。

そんな抽象的に言われてもピンときませんよね。 具体的にどんな人が求められているのかというと、 薬剤師としてきちんと患者さんと向き合える人です。 患者さんの病気と一緒に立ち向かうことの出来る人、 どうしたら病気が良くなるのか患者さんにきちんと 説明し伝えることの出来る人が必要なのです。

それはなぜかというと、薬剤師が一緒に病気に立ち向かうことで 患者さんも前向きに病気に立ち向かおうという 意識を芽生えさせるということが目的なのです。 このようなスキルは、今まで自分がどのように生きてきたのか、 自分の資質などが大きく影響すると思います。

しかし、今求められている薬剤師とは こういう人だということなのです。 これらのスキルを備える上でなんといっても、 大切なのがコミュニケーション能力の向上です。 求人先ではコミュニケーション能力が高い人が求められています。

医師とのやりとり、同僚とのやりとり、患者さんとのやりとり、 全てにコミュニケーション能力は必要であり、 これはどんな求人先でも求められていることなのです。 意思の疎通ができなければ仕事もできないので、 きちんとコミュニケーションをとれるような人が 必要不可欠、就業するのに必須要素となっているのです。

このページの先頭へ