イメージ画像

薬剤師派遣から正社員になるには

紹介予定派遣とは実際に派遣社員として就業先で働きその後直接就業先企業と雇用契約をするという派遣です。実際にその企業での仕事内容などがわかり、働いてから入社するかどうかを決めることができるので定着率がとても高いのです。
http://www.norfolkthunderbirds.org/kiji7/

定着率の高さ、就職前に実際に働けるというところから 企業と就職希望者どちらからも評価されている制度です。 普通の派遣社員の場合は、就職前に顔合わせがありますが、 紹介予定派遣では、事前に直接企業との面接を 行うということが法律で認められているので、 中途採用と似ている感じかもしれません。

きっと今後、こうしたタイプの薬剤師派遣はどんどん増えていくかもしれませんね。 そこで薬剤師は紹介予定派遣で正社員になるための 一連の流れをご紹介いたします。 企業によっては多少異なりますが大体こんな感じだと 頭に入れておくといいと思いますよ。

まずは派遣会社に登録します。 派遣会社に登録しないと何も始まりませんからね。 電話やネットなどで来社や説明会の予約を入れましょう。 登録を完了させたら、希望の勤務先や時間帯など 担当のコーディネーターの方に伝えておきましょう。

その後、希望の仕事を紹介していただけるので、 派遣会社の担当の人と一緒に派遣先企業に 勤務条件と勤務内容を確認、そして面接をします。 面接が終了し、双方が合意したあとに実際に派遣社員として 半年くらい派遣先企業で働きます。 そして派遣期間が終了する1~2ヶ月前くらいに 企業と就職希望者との間で社員採用について再度確認されます。

企業にもよりますが、就職希望が派遣期間終了後も 就業を希望する場合は面接を行うところもあるようです。 ここで双方どちらかでも合意を得られなければ 派遣契約後はそのまま退社となります。 双方が合意をした後は、派遣先企業へ 正式採用となります。

企業によっては合意を得られた時点で派遣契約が終了するので その後企業に手続きをして改めて正式に入社することになります。 薬剤師には勿論普通の派遣もありますが、 いずれ正社員として働いてみたいという人は 派遣会社にそれを伝えて、 紹介予定派遣があったら積極的に契約することをおすすめします。

薬剤師の服薬指導とは?

薬剤師が行う代表的な仕事ともいえるのが、服薬指導です。 ですが、服薬指導について具体的にどういったものなのか分からないという方もいるのではないでしょうか。

そこで、薬剤師の仕事である服薬指導について詳しくご紹介します。

これは、医薬品が持っている副作用や相互作用といったものについて患者さんに詳しく説明することです。 どのような医薬品にも副作用のリスクはあるため、そういったものを正しく理解してもらうために非常に重要な意味を持っています。

服薬指導があるからこそ患者さんは安全して正しい方法で薬を取り入れることができるわけです。 ここでは、薬の詳しい飲み方だけでなく、注意しなければならないポイントなどについても説明する形になります。

また、患者さんの中にはアレルギーを抱えている方もいますが、そういった場合には特に注意して服薬指導を行っていかなければなりません。

薬の中には、飲むことによって尿や便の色が変わるものもありますよね。 もしも服薬指導でそのことを説明しておかないと患者さんは突然の変化に驚いてしまうかもしれません。

薬の保管方法などについても服薬指導で詳しく説明していく形になります。

ただ単にマニュアルに従って説明をすればそれで良いのかというとそうではなく、患者さんがどのようなことを不安に感じているのか、なにを疑問に思っているのかを詳しく確認し、それに対して適切な説明をしなければなりません。

服薬指導は薬剤師にとても重要な仕事のひとつです。 病院でも薬に関することを聞くことはできますが、病院では非常にたくさんの患者さんがいるため、薬の内容などについて患者さんが詳しく説明するのは難しいといえるでしょう。 そういったことを服薬指導で確認できるため、患者さんが安心して薬を取り入れていくために欠かせないものです。

患者さんにとって最適な服薬指導を行っていくためには、一人一人に合わせた最適なコミュニケーションを取っていく必要があります。

このページの先頭へ